• 第680回 8月1日(土曜日)午後3時30分より 参加費1000円+飲食代

『第1次世界大戦とスペイン風邪は音楽に何をもたらしたか』

~横断的クラシック講座第20回

 

いまから1世紀前、1918年から1920年頃のヨーロッパの文化状況に注目してみたいと思います。

人類最初の大量殺戮戦争と、新型ウイルスの世界的感染拡大によって、当時の音楽はどう変わり、何が終わり、何が始まったのでしょうか。

ストラヴィンスキーラヴェルを中心に、アメリカや中南米、日本の作品にも耳を傾けつつ、当時の空気を追体験し、私たちの今後を生きるヒントとしたいと思います。

 

                             解説 林田直樹

 

 

 

 

  • 第681回 8月29日(土曜日)午後3時30分より 参加費2000円+飲食代

「いーぐるオンライントークセッション」 Vol.2

『夏の午後、ジャズと映画を語りつくそう』

 

映画『真夏の夜のジャズ(4K)』(8月21日公開)と『マイルス・デイヴィス クールの誕生』(9月4日公開)の紹介を皮切りに、ジャズと映画をめぐるあれこれを、村井康司、柳楽光隆、後藤雅洋が語ります。

 

なおこのイヴェントは前回7月18日に行われた第1回「いーぐるオンライントークセッション」~『2020年前半のジャズ・シーンを振り返る~コロナの世界のジャズは今~』に続き、ビデオ収録し後日有料配信いたします。

 

:「いーぐるオンライントークセッション」は、「ジャズ喫茶案内」を運営されている楠瀬克昌さんと、L.A.のハイファッション・セレクトショップ、「Mohawk」のオーナー、ケヴィン・カーネイさんに運営費用の一部をご支援いただいております。

 

                登壇者 村井康司 × 柳楽光隆 × 後藤雅洋

 

                 

  • 第679回 7月18日(土曜日) 午後3時30分より 参加費2000円+飲食代

『2020年前半のジャズ・シーンを振り返る~コロナの世界のジャズは今~』

 

話題の著『100年のジャズを聴く』のメンバー、村井康司・柳楽光隆・後藤雅洋の3人が、今年前半のジャズ・シーンを振り返ると同時に、コロナによって変容を余儀なくされつつあるジャズの現況を熱く語り合います。

なお、今回の講演はビデオ録画し、後日有料配信する予定です。

 

:今回に限り予約制をとり、定員20名とさせていただきます。

予約方法は、平日の午後2時以降「いーぐる」までお電話してください。

連絡先   03-3357-9857

 

               登壇者  村井康司 × 柳楽光隆 × 後藤雅洋

 

 

 

  • 第680回 8月1日(土曜日) 午後3時30分より 参加費1000円+飲食代

『第1次世界大戦とスペイン風邪は音楽に何をもたらしたか』

~横断的クラシック講座第20回

 

いまから1世紀前、1918年から1920年頃のヨーロッパの文化状況に注目してみたいと思います。

人類最初の大量殺戮戦争と、新型ウイルスの世界的感染拡大によって、当時の音楽はどう変わり、何が終わり、何が始まったのでしょうか。

ストラヴィンスキーラヴェルを中心に、アメリカや中南米、日本の作品にも耳を傾けつつ、当時の空気を追体験し、私たちの今後を生きるヒントとしたいと思います。

 

                                  解説 林田直樹

 

 

いーぐる  新宿区四谷1-8ホリナカビルB1F  3357-9857

【いーぐるホームページ】           http://www.jazz-eagle.com/

【いーぐる後藤の新ジャズ日記】     http://d.hatena.ne.jp/eaglegoto/

                  「コロナ禍」を振り返る

 

自粛期間もようやく終わった今、今回の「コロナ禍」について私なりの感想を述べてみたいと思います。

 

率直に言って、3月半ばごろまでは従来のインフルエンザ同様春になれば収まると楽観視していましたが、ヨーロッパでの感染拡大がTV新聞等で大きく報道されだし、とりわけ東京都知事の「ロック・ダウン」発言をきかっかけとして、世間の空気が急速に変わってきました。それと同時に、2月ごろから下降傾向にあった店の売り上げが急激に減少に転じ、あの原発騒動の直後でも経験しなかった8割減という壊滅的状況を迎えたのです。まさに店の存続が脅かされたのです。

 

そこで私なりに、ネットで厚生労働省のホームページはじめ、医療関係者及び各界の識者の意見を参照したところ、たいへん奇妙な事実に気が付きました。

 

それは、韓国、台湾、ベトナム、そして日本の同一人口当たりの死亡者数が、欧米諸国に比べおよそ百分の一程度という異常とも思える少なさなのです。これは手洗い等の生活習慣では到底説明できない、極めて大きな格差です。しかしながらそれ以上に不思議だったのは、こうした素人目にも明らかな疑問が、TV・新聞等では正面切って報道されていないのですね。

 

確かに新型コロナ・ウィルスは未知の病原なので、流行当初は最初の発祥地とされる中国武漢や諸外国の壊滅的状況を前提とした、厳重な危機管理を行政当局が行ったのは十分に理解できます。しかしながら少なくとも3月後半の時点では、日本、そしてアジア諸国の「死者が異常に少ない特殊性」は、医療関係者を含む識者は当然把握していたはずです。山中伸弥教授いう所の「自然免疫」や「BCG仮説」などを含む「ファクターX」ですね。

 

それにもかかわらず一部の医学関係者は、欧米諸国で起こっていること(数十万にも及ぶ死者)が明日にも日本で発生するという前提で、私からすれば「過剰」とも思える「恐怖」を煽っているように思えました。それを無批判に拡散させたのがTVのワイドショーです。つまり世間の過剰な危機感は、一部の不用意な医学関係者とTVのワイドショーによって作り出された部分が大きかったのではないでしょうか。

 

その結果、多くのライヴハウス、飲食店が営業自粛に追い込まれ、当然私の店も廃業を意識せざる状況に至ったわけです。私の知っている限りでも、閉店を余儀なくされたジャズクラブ、飲食店、居酒屋さんは複数に登っています。

 

4月初頭の時点で、現実に欧米諸国並みの万を超える死者が出ていたのなら、廃業もまた一種の自然現象による「運命」とあきらめる気持ちを持てたかもしれません。しかしながら当時、例年のインフルエンザ並み(4月末の時点でおよそ500名)の死者数で緊急事態宣言が出され、あらゆる経済活動がシュリンクしたことは、極めて不合理な話だったのではないかと今でも思っております。

 

6月下旬に至っても新型コロナによる死者数は1000人未満で、巷間危惧されている「第2波」なるものが、年内仮に第一波の2倍2000名の死者を出したとしても、第一波と合算しおよそ3000名。しかしこれは一昨年の年間インフルエンザ死者数3225人より少ないのですね。ちなみに1950年代には年間7000人以上のインフルエンザ死亡者が出ています。

 

「コロナの怖さ」の大きな理由として、特効薬の無さが挙げられています。しかしながら特効薬の無い新型コロナより、ワクチンも治療薬もある従来のインフルエンザの方が死者数が多くなる可能性が高いという客観的事実を、多くの方々はどう考えておられるのでしょうか?

 

この間の個人的気持ちを要約すれば、今になって福島県のみなさんが被った科学的事実に基づかない「風評被害」の深刻さが実感されたということでしょうか。

 

そして過剰とも思える「第二波」への恐怖心を背景に、「コロナ後の日常」であるとか「ウィズ・コロナ」といった標語が当然のことのように囁かれでいます。その内容はおおむね例の「三密」を避ける生活スタイルが基調のようです。

 

前提として、専門家会議での「三密」とは、三つの好ましくない条件が「重なること」を指していたはずですが、実際は「二密」あるいは「一密」も避けるべきと、過剰に意識されているようです。非密閉空間である屋外スポーツの開催や観戦までが「自粛」されていたのは、そういう世間の「空気」のせいでしょう。私から言わせれば、いまだに野球等の屋外スポーツが「無観客試合」を行っているのは滑稽としか思えません。

 

確かに狭い密閉空間に多人数が密集し、大声でしゃべりあう状況の中に新型コロナ感染者がいれば、感染が広がる可能性が高いことは十分に理解できます。しかしこの感染条件は、従来の風邪やインフルエンザでもまったく同じで、人々はインフルが猛威を振るっているときは、自発的にこうした状況を避けていたのではないでしょうか。体調が悪いときは人混みに出ない、飲み会も遠慮する、これは従来から各自が自発的に行ってきた常識的な自衛行動です。

 

少なくとも現在の日本における客観的状況を見るに、新型コロナの死亡者数が、多めに見積もっても従来のインフルエンザ死者数並みであるとすれば、人々が従来からの自発的自衛行動を行えば済む話ではないかと個人的には考えております。つまりライブハウスなどの主催者側が過剰に自粛する必要は無いように思います。

 

そしてそもそも、ライブハウスやコンサート会場が三密条件に当てはまるとは思えません。例えば青山ブルーノートなどは十分な広さがあり、またミュージシャンが演奏している最中観客が大声でしゃべりあうなどということはありません。

 

とは言え広く世界に眼を向けてみれば、欧米諸国はじめ万を超える死者が出ている地域では、音楽・ジャズを含む芸術・文化活動がコロナによって変容を余儀なくされるであろうことは容易に想像がつきます。

 

ひとつ言えるのは、人々が集まって活発に話し合う状況である「三密」とは、コミュニケーションの基本的状況ですから、これを否定するのは社会生活、果ては文化自体を否定することに繋がります。文化を離れた芸術は根無し草です。「脅威」ということで言えば、コロナなど比べ物にならない「世界の消滅」もあり得た東西冷戦下における「全面核戦争」の恐怖の中でも、文化・芸術活動は続けられてきたのですから…余談ながらキューバ危機の際の恐怖感は、コロナなど問題にならないほど深刻なものでした。

 

最後にいささか手前味噌ですがジャズ喫茶は意図せず「コロナ対策」が出来ていたというお話をしておきたいと思います。というのも、新型コロナで問題視される「飛沫感染」は、近距離での「口角泡を飛ばすような会話」が原因ですが、「いーぐる」では午後6時まで会話禁止ですから、「飛沫感染」の危険は最初から無いのです。

 

そもそも昼間のジャズ喫茶はある意味で理想的な「おひとり様空間」で、実際当店でも、読書や、パソコンを持ち込んでの心地よい音楽が流れる仕事場として利用されるお客様が大半です。

 

また、これもジャズ喫茶ならではの特性なのですが、6時以降の「バータイム」でも、居酒屋さんのように多人数で来店する方は稀で、多くてもカップルがせいぜいです。こうした親密な関係では、お互いの健康状況も十分把握できているケースが多いと思われ、すなわち「感染」の危険は少ないとみて良いのです。結論を言えば、「ジャズ喫茶」は最初から十分に安全な空間なのです。

 

 

            「第二波にどう備えるのか?」

 

 

緊急事態宣言が解除され、「第二波」の恐れが喧伝されつつも、少しずつ日常生活が戻って来たようです。とは言え、当店の売り上げは宣言中の8割減という壊滅的状況こそ改善されたものの、午後10時までの短縮営業と相変わらずの自粛ムードのため、いまだ半減状態です。

 

おかげさまで有志の方々の好意的募金、好評な支援グッズの売り上げによって、当面「いーぐる」は生き延びておりますが、こうした状況が続けば、いずれ苦境に陥ることは眼に見えています。おそらく多くのジャズ喫茶さん、ライブハウス経営の方々、そして飲食店、居酒屋さんの台所事情もさほど変わらないはずです。

 

6月7日の朝日新聞デジタル版記事によると、3ヵ月ぶりに新型コロナによる死者が0人となったそうです。これまでお亡くなりになられた919人の方々のご冥福を祈りつつ、生き残った私たちにとってこれは朗報と言っていいでしょう。

 

もちろん「第二波」の可能性は残っており、危機を最大限に見積もって年内に第一波の倍の死者が出てしまったと仮定してみましょう。何と1838人もの死者が出ることとなります。第一波と合算すれば、年間2757人という膨大な数字となります。

 

ところで、2018年の日本の年間インフルエンザ死亡者数は3325人だったそうです。先のことは誰にもわかりませんが、私が悲観的に想定した特効薬の無い新型コロナ死者数より、ワクチンも治療薬もあるとされるインフルエンザ死者数の方が、500人ほど多いようですね。

 

思い出してみましょう、一昨年の夏、暑さをガマンしてマスクをし続ける人など、滅多に見かけませんでしたよね。

 

二つの考え方が出来るでしょう。一昨年は不用心に過ぎた。あるいは、今の状態は心配のし過ぎだ。

 

【緊急事態宣言の延長について】

 

 

コロナ対策のための緊急事態宣言を受けた外出自粛の影響で、売り上げが8割以上も減少した「いーぐる」は、資金繰りのためTシャツ等の支援グッズの販売を始めたところそれを知った有志の方々が募金に応じてくれるなど、多くのみなさま方のあたたかいご支援を受け、なんとか家賃、給料など4月末日の支払い危機を乗り越えられました。この場を借り、募金に賛同された方々、そしてグッズをご購入いただいたみなさま方に心から感謝の気持ちをお伝えします。ありがとうございました!

 

しかしながらこの安堵感は、緊急事態宣言が5月6日に終了し、その後は緩やかに自粛解除の方向に向かうという前提での見通しでした。今日(5月2日)の時点では未定とは言え、緊急事態宣言がほぼ一ヵ月程度延長されるようです。率直に言って、「いーぐる」がこの延長に耐えられるかどうか、極めて不安です。この気持ちは多くのジャズ喫茶、ライブハウス、クラブ、そして居酒屋さんなど、飲食に関わるみなさま方共通の思いではないでしょうか。いや、飲食業だけではなく、広く音楽、映画、演劇等に関わる方々も、おそらく同じ思いでしょう(聞くところによると、渋谷の著名クラブ数件が既に閉店とのことです)。

 

コロナ感染の危険を防ぐため、営業・外出を自粛するという行政の方針は極めてもっともなことで、特に反対する気持ちはありません。ただ一般論として、「生命の危険」と「自粛による損失」は、どちらか一方にのみ的を絞ることは難しいのではないでしょうか。

 

人命を数値として捉えることは極めて危険なことと承知しておりますが、現実問題として、私たちは生命の危険と利便性を天秤にかけているのでは無いでしょうか。例えば2019年の年間交通事故死者数は3215人ですが、誰も自動車の利用を止めようとはしません。自動車利用自粛の損失の方が命の危険より大きいと多くの人が考えるからでしょう。

 

また日本商工会議所会頭三村氏によると、現在の政府の支援策は、5月6日で自粛が終了する前提で計画されたもので、自粛が延長されると、企業倒産等による解雇で失業率が現在の2.4%から11%~20%以上にも増加する可能性があるとのことです。失業率が1ポイント増加すると自殺者が1000人増えると言われていますが、この想定にあてはめてみると、経済的困窮による自殺者数の増加は、優に1万人を超えてしまうことになります。

 

ちなみに4月26日の時点での日本におけるコロナによる死者は348人で、人口100万人あたり2.75人です。同時点でもっとも死者数が多いアメリカは5万3449人、人口100万人あたり160.7人で、これは日本のおよそ58倍ですね。また、もっとも同人口あたりの死者数が多いのはスペインで、481.8人。なんと日本の175倍です。

 

好ましくない例えであることは十分承知の上ですが、仮に日本の年間交通事故死者数が175倍の56万2625人にもなったとしたら、少なくとも私は自動車に乗ることを躊躇しますね。ですから、欧米諸国がさまざまな行動規制を行ったことは、それなりに理解できます。もし私がアメリカ人、スペイン人だったとしたら、当然行政の指示に従います。

 

しかしながら、そうした国々と比べ、58分の1ないし175分の1程度の危険性で、経済活動の委縮による1万人にも及ぶ自殺者の増加を招きかねない自粛措置の延長は、果たして妥当な政策なのかどうか… みなさま方いかがお考えでしょうか。

 

余談ですが、日本とは比べものにならない厳しい行動規制を行った欧米諸国と日本との、数十倍~百数十倍にも及ぶ同一人口あたりの死者数の違いは、手洗い、うがい、土足で家に入らないなどの「生活習慣」だけでは到底説明できない、異常とも思える格差だと私は思うのです。しかしながら、TV、新聞などでこの極めて根源的な疑問にスポットを当てた番組、記事が見当たらないのは、極めて不思議な現象ではないでしょうか。

           【支援グッズ、ご購入のお願い】

 

まさかと思われる方もおいでかと思いますが、52年続いた老舗ジャズ喫茶「いーぐる」も、コロナによる影響で存続の危機に立たされております。2月ごろから下降線をたどって来た売り上げも、4月に入って出された「緊急事態宣言」を受け、週末の臨時休業、営業時間の短縮を実施した結果、8割減と大幅に減少し、スタッフへの給与、家賃支払いにも事欠く危機的状況となっております。

 

こうした事態を受け、スタッフ一同の発案により、いーぐるのロゴ入りTシャツ、パーカー、キャップ、そして「いーぐる50周年」の際制作した私家版冊子『いーぐるに花束を』、店主の最新刊『一生モノのジャズ・ヴォーカル名盤500』(小学館新書)などを、ネットhttps://jazzeagle.base.shopにて予約販売を開始いたしました。

 

全国のジャズ喫茶ファンのみなさま、日本独自のジャズ喫茶文化を続けさせていただくため、ぜひご購入をお願いいたします。

 

また、「在宅勤務」に飽きた方、「いーぐる」は地下ながら換気も良く、座席間隔も広いのでパソコン持ち込みでの「ジャズ喫茶勤務」(Wi-Fiあり)はいかがでしょう。そもそも当店は18:00まで会話をお断りしているので、会話によるウィルス飛沫感染の恐れは無いと言っていいと思います。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

                       いーぐる 店主 後藤雅洋

  • 第679回  日程未定  参加費1000円+飲食代金

4月4日(土曜日)開催予定でしたが、延期いたします。新たな開催日は追って告知いたします。   

       

『第1次世界大戦とスペイン風邪は音楽に何をもたらしたか』

~横断的クラシック講座第20回

 

いまから1世紀前、1918年から1920年頃のヨーロッパの文化状況に注目してみたいと思います。

人類最初の大量殺戮戦争と、新型ウイルスの世界的感染拡大によって、当時の音楽はどう変わり、何が終わり、何が始まったのでしょうか。

ストラヴィンスキーラヴェルを中心に、アメリカや中南米、日本の作品にも耳を傾けつつ、当時の空気を追体験し、私たちの今後を生きるヒントとしたいと思います。

 

 

                             解説 林田直樹